分譲マンションの「修繕積立金」の説明 | 値段の目安についても

分譲マンションとして売り出しを行っている物件では、一戸建て住宅とは異なって、住宅の販売価格だけを確認するのではなく、入居後に必要とされている経費などをチェックすることも基本的な項目です。分譲マンションの多くは住宅ローンを利用して、毎月の返済を行うことの他に、管理費用や修繕積立費などが必要なケースが殆どです。

管理費用に関してはマンションに管理人などが常駐していることが多く、そのための費用として支払うことになり、用途に関しては共用スペースの維持管理が相当しています。清掃作業や草刈、照明器具などが破損した際に交換する費用、エレベーターなどの定期点検費用なども該当しています。修繕積立費に関しては特に重要な内容を持っていて、マンションが老朽化してしまった際に物件を補修する費用として使われることになります。

具体的には給排水関連の設備を補修、または交換を行う内容や、外装として外壁の張り替えを行ったり、塗り替え工事などを行う場面も見られます。マンションは鉄筋コンクリートで作られていることになり、一般的には高耐久を実現しているものですが、それでも老朽化してしまうことになり、特に外装部分にかかる補修費用などは大きな金額を必要としています。

一般的には新築物件として購入した場合では、全国平均では約1万円程度に設定されていることが多く、事前に管理会社や売主によって修繕計画が行われていることになります。

しかし、実際には築年数にも影響していますが、修繕計画通りに機能しないことも多く、このケースでは築年数が経過してしまった場合では、段階増額積立方式を採用している物件も目立ちます。老朽化によって修繕計画が上手く機能しない場合では、入居者に1度に大きな負担が強いられてしまうこともあり得ます。そのため、常に築年数と外装等の状態を見極めながら早期に修繕計画を練り直すことが良い方法とされています。その結果として、築年数に影響されますが、約1万円から2万円弱程度の範囲で推移していることも一般的です。

マンション査定相場ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>