中古マンション探し・購入前に気を付けたいこと・チェックポイントは?

新築のマンションを購入しようとすると少なくとも三千万円以上の販売価格になっている物件がほとんどですから、住宅ローンの返済額が大きくなったり返済期間が長くなってしまうことが多いでしょう。その点中古のマンションなら一千万円台から販売している物件もありますし、二千万円台になると選択の幅が広がります。購入価格を抑えることができれば無理な住宅ローンを組む必要がなくなるので、安心して購入に踏み切れるでしょう。

中古マンションを購入する場合、内装のリフォームを入れてから住み始めるという方が多くなっています。マンションですから外装のリフォームはできませんが、内装ならある程度は自分達で自由に変えられます。特に築年数が古い中古マンションは内装のリフォーム工事を行わないと住みにくい物件が少なくありません。築年数が古くてもリフォーム工事を行ってしまえば、築年数が気にならない新しい住まいのような感覚になれるのです。

中古マンションを購入する際は新築マンションのように販売会社から購入するのではなく、不動産仲介会社を通して手続きを行います。中古ということはそれまで住んでいた持ち主が存在します。その持ち主から購入することになるため、間に入る仲介会社が必要になるわけです。物件を内覧した時に気になる箇所が見つかった時は、価格交渉を行いたくなるでしょう。

交渉すれば多少は値引きしてくれる可能性もありますが、買主側から売主側に直接交渉するのではなく仲介会社に相談することが一般的です。仲介会社の方ではマンション売買のノウハウを心得ているので、的確なアドバイスがもらえるでしょう。いくらまでなら値引き交渉が可能か、相談しながら進めていきます。内装リフォームを入れる場合は購入価格に工事費もプラスして考えなければなりません。リフォーム工事にあまりお金をかけてはせっかく中古マンションを購入した意味がなくなってしまうので、価格交渉の結果を判断しながらリフォームの内容を決めていきましょう。

(家の売却について)
・【家を高く売る方法ガイド】売却値段の相場を今すぐ調べる方法
家を高く売る方法ガイド.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>