不動産投資のリスクの説明

投資の手法として、不動産投資を手掛ける人が増えてきました。
毎月の安定した家賃収入が得られますので、長期的に一定の収益を上げることで、資産形成していけるという大きなメリットがあります。
ただ、投資である以上、危険性が全くないわけではありません。
不動産投資のリスクについて、知っておくことは決して無駄にはならないでしょう。
まず、物件を購入するときに、確率としては低いですが、欠陥を持った物件を購入してしまう恐れがあります。
言うまでもありませんが、欠陥を持っていたら、その物件自体の価値が低下し、空室率が高くなるなど、家賃収入が大きく減ってしまう危険性があります。
空室になりやすい物件としては、まずは、立地の悪さがあります。
駅から相当に離れていたり、墓地の近くであったりすると、入居を検討している人には好印象を与えません。
ほかにも、建物が老朽化している、部屋の間取りがニーズに合っていない、なども空室リスクを作る要因となります。
また、不動産投資のリスクの一つに、入居者の家賃滞納リスクがあります。
家賃の滞納が起こると、想定した利回りとなりませんので、逆に損をする危険性があります。
家賃が入ってこなくても、オーナーとしては、支払わなければならない費用はあるのです。
管理費や修繕積立金の支払い、また、融資を受けている場合であれば、毎月の返済金は支払わなければなりません。
また、火災による建物焼失のリスクも考えられます。
入居者の不注意での出火や、隣の建物から火が回ってきて被害を受けるなど、オーナーの対応では防御不能な側面も多いです。
さらに、地震や津波などの天災リスクもあります。
日本のように地震の多い国であれば、建物の耐震性能は外国よりは優れているにしても、大規模な地震や津波などの天災に対して完全な安全性を確保することは難しいでしょう。
万一、地震によって建物が崩壊してしまえば、家賃収入は得られなくなってしまいます。
このように、不動産投資においても、リスクは存在しますので、それぞれについて、対応策をきっちりと立ててから投資に踏み切るのが賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>