マンション売買時の手付金の仕組み・金額は?返還の場合もある?

マンションを購入する時は初めに手付金と呼ばれるお金を支払うことになります。この手付金は本当にマンションを購入する意志があることを示すために支払うもので、手付金を支払えば他の人への物件紹介をストップさせることができるのです。単に購入するという意志を示したところで心変わりをされてしまっては、売主側が損をすることになるでしょう。紹介をストップさせていた間に別の購入希望者が現れた可能性も考えられます。このような損失を防ぐためにも手付金というシステムが一般的になっています。

手付金は買主の方が売買代金の一部として支払うため、契約が成立した時は売買代金から差し引いて残金を支払います。つまり手付金の金額が多いからと言って損をするようなことはないので心配はいりません。

しかし買主側から売主側に対して契約の解約を申し出た場合は、買主は先に払った手付金を放棄しなければならない決まりになっています。マンションを購入するつもりでいても、何らかの事情が発生して購入できなくなることもあるでしょう。このような時は手付金を諦めれば契約を解約することができるようになっているのです。反対に売主側から解約を申し出た場合は、手付金を倍にして返金する必要があります。

契約が解約となっても買主が支払った手付金が戻ってくるケースがあります。それは契約の際にローン特約を設定している時です。ローン特約とは金融機関で申し込んでいた住宅ローンが通らなかった時に適用されるもので、手付金は全額が返金される仕組みになっています。金融機関で住宅ローンを組む方は多いですが、誰でも必ず審査に通るというわけではありません。審査基準を満たしていない等、融資が受けられなかった場合は契約が解約となりマンション購入もふり出しに戻ります。

注意したいのはローン特約が付いていない場合です。売買契約書は不動産会社が作成するので、ローン特約が付くかどうかは事前に確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>