「相続時精算課税」ってどんな制度?どんな良い点があるの?

一般的な方のケースでは、マンションなどを購入する際には頭金などを用意することも多く、残りの支払額を住宅ローンを組んで利用することが行われています。マンションなどの場合では高額になることも多く、30年ローンや35年ローンとして長期的な返済計画を立てている方も多い傾向にあります。一方で親などが一定以上の資産を持っている方の場合では、親がマンションを購入してくれるような家庭も実在しています。

このケースでは通常では贈与税がかかることになり、贈与された金額によって贈与税が大きく変わることになり、例えば年齢が20歳以上の方ならば、2,500万円の贈与を受けたならば、45%の贈与税の支払いが義務化されています。しかし、基礎控除という項目も用意されていて、控除額は265万円に設定されています。基礎控除に関しては贈与額が上がる度に高額に設定されているのですが、逆に200万円以下の場合では基礎控除額は0円になります。

しかし、税務関連では相続時精算課税という内容もあり、基本的には直系親族間で行われる贈与に対して適用されることが前提です。

マンションを購入した際の金額が2,500万円以内ならば、親の年齢が60歳以上で尚且つ子の年齢が20歳以上であれば贈与税は非課税にすることができます。例えば定年退職を過ぎた親が、子供に対してマンションを購入する場面では、非常に効果的な方法になり、余計な金利などを支払わずにお得に物件を購入できるメリットを持っています。マンションで新築物件の場合では、価格が2,500万円を超えてしまうことも珍しいことではありません。

このケースでは親から2,500万円の贈与を受けて、残りの金額を本人名義で住宅ローンを利用する方法もあり、多額の贈与税を作らずに済ませることが可能です。良い点は多く、一度に多額の贈与を行うことができる他にも、遺産相続を考えている方であっても、生前にトラブルが発生しない状態で贈与を行うこともでき、特にマンションなどの住宅購入時には適している制度ということができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>